サックスで小さい音の出し方

投稿日 2011年02月22日
カテゴリー 日記 | コメント(2)

ずっと苦手だった小さい音の出し方を前回のレッスンで丁寧に教えてもらいました。

サックスで音が出せるようになってから、吹く強さを強くすれば大きい音、弱くすれば小さい音が出ることはすぐに分かりました。
でも、どんどん息の強さを弱くしていくと、ある時点で音がピタッと消えてしまいます。
ここで行き止まってしまい、どうしたらいいのか分からずにいました。
先生に聞いてみると、明快な答えが返ってきました。

まず大きい音を出して、そのまま息の量を減らしていってだんだん音を弱くしていきます。
そうすると、リードに当たる息のスピードも落ちてきて音が出なくなるので、息の量を減らしてもスピードが落ちないように舌で空気の通り道を細くしてやると弱い音が出るというのです。
先生が実際にやってくれましたが、かなり小さい音まで出ています。
ただ、口の中までは見えないので、空気の通り道を細くするための舌の動きは、自分で探すしかないようです。

早く練習したいけど、サックスを調整に出しているので3月5日までは練習できません。
それともマウスピースだけで弱い音の練習をしてみようかな。

サックスを調整に出しました

投稿日 2011年02月21日
カテゴリー 日記 | サックスを調整に出しました はコメントを受け付けていません。

最近、低音のEとFがちょっと出にくいような感じがしていて、先生にも「それは楽器のせいかもしれない。」といわれたので、購入したお店(大久保の「ダク」という店)に持っていって全体の調整・点検をお願いすることにしました。
楽器を持っていって調整をお願いすると、お店の人に気になる箇所があるかどうか聞かれたので、EとFが出にくいことを伝えると、その場でいろんなところを見て、「他の低い音も出にくいようですね。」と言われました。
そういえば確かに下のCやDも出にくかったけど、自分のせいだとばかり思っていました。
それにしてもちょっと見ただけでそのサックスの不具合がわかるなんてすごい!
できればその技術を学びたいと思いました。調整の終わったサックスを取りにいくときに聞いてみようかな?

半年に一度くらいは調整に出したほうがいいとは聞いていましたが、考えてみれば買って以来調整に出すのは初めてでした。

調整が終わるのは3月5日なので、それまでは練習もお預けになってしまいましたが、直ったサックスを吹くのを楽しみに待つことにします。

新しい先生で始めてのレッスン

投稿日 2011年02月11日
カテゴリー 日記 | 新しい先生で始めてのレッスン はコメントを受け付けていません。

今回から先生が変わり、昨日は一回目のレッスンでした。
練習内容は、前回OKをもらった「ゴッドファーザー愛のテーマ」を引き続き練習し、完成度を高めましょうということになりました。
自宅でもしばらく練習しようと思っていた曲なので、これは大歓迎。
早速、通しで一回演奏してみて、うまくいかないところを重点的に練習しました。
特に高い音から急に下がってくるところは指に気をとられて、口がついていかず音が裏返ってしまったり、また、G♯からAに移るときに左手小指と薬指が同時に動かず、一瞬Gの音が出てしまったり、自分でもわかっていながらなかなかできない箇所をゆっくりひとつづつやりました。
もうひとつ最近気になっていたことが、下のEとFの音がうまく出ず、裏返ってしまうことがあるので質問してみました。
先生に吹いてもらったところ、きちんとした音が出ています。やっぱり自分が未熟なだけかと思ったら、「確かにEとFが出にくいですね。一度状況を説明してメンテナンスに出した方がいいですね。」といわれ、一安心。
次回のレッスンは来週なので、その後メンテナンスに出すことにしました。