レッスンは2曲平行して練習

投稿日 2010年09月20日
カテゴリー 日記 | レッスンは2曲平行して練習 はコメントを受け付けていません。

今回のレッスンは、前半が半音を含めた音階の練習でした。真ん中の「C」から半音ずつ下げていって最低音の「B♭」までいき、そこからまた「C」まで。次に「C」から最高音の「F♯」までの往復練習。
指使いを覚えるために自分で運指表を作りましたが、運指表が出来上がる頃には全部覚えてしまっていて、見なくてもできるようになっていました。
苦労して運指表を作ったのはいいけど、見る必要がなくなってしまい何のために作ったのかわからなくなりました。
運指表を自分で作った過程で覚えることができたということで良しとします。

レッスン後半は、曲練習。
前回から始めた「アメイジング・グレイス」は、ビブラート無しなら何とかできるんですが、ビブラートを入れようとするとリズムは崩れるしいい音も出ません。先生に「メトロノームを使ってもいいからビブラート付きとビブラート無しを交互に自宅練習でやってみてください。」と言われ、本日のレッスンは終了・・・かと思ったら、「もう一曲同時に練習しましょう。」だって・・・
曲は「アメイジング・グレイス」と同じ三拍子系の「グリーンスリーブス」。
知っている曲で、楽譜も読めるのでいきなり途中まで吹いてみました。
先生曰く、「はい、リズムはきちんとできていますね。次回のレッスンから同時に平行してやりましょう。」
私、「あ、そうですか。」
うーん、褒められているのかリズム以外は全然ダメなのか良くわかりません。

今回のレッスンはここまで。
課題は、安定したビブラートと、あいかわらず苦手なタンギング。
タンギングは、曲が始まってからは比較的大丈夫ですが、曲の出だしのタンギングが強すぎて「ペターー」という感じになってしまい、その癖がなかなか直りません。

にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ←ブログランキング

やっと運指表が完成

投稿日 2010年09月13日
カテゴリー 日記 | やっと運指表が完成 はコメントを受け付けていません。

木曜日はレッスンの日なのに、サックスの練習もそっちのけで作っていた運指表が、やっと出来上がりました。
早速、これを見ながらスケール練習(音階の練習)を再開します。
教則本や曲集の巻末についている運指表が、ちょっと見にくいように感じて作り始めた運指表でしたが、作るのがこんなに大変だとは思いませんでした。
しかも自分で作っておきながら、本当に見やすくできたかどうか微妙なところです。
今夜の練習で、いろいろな本の運指表と見比べてみたいと思います。

自分で作った運指表のほうが見にくかったらもう一度作り直します。
そんなこともあろうかと、作成途中で何度もファイルを保存しておきました。(途中で保存したファイル数だけでなんと100個以上になっていました。)

アルトサックス運指表

投稿日 2010年09月12日
カテゴリー 運指表 | アルトサックス運指表 はコメントを受け付けていません。

大きく表示(pdfファイル80KB)

サックスの運指表について

投稿日 2010年09月08日
カテゴリー 日記 | サックスの運指表について はコメントを受け付けていません。

サックスの指使いは一通り覚えたつもりでも、まだまだ新しい曲を練習する時に度忘れして運指表で調べることがよくあります。
幸い練習曲集などの本には、巻末に運指表が載っていることが多いので、すぐに調べることができるんですが、ほとんどの運指表はサックスを正面から見たときのキーの位置が書いてあり、なんとなくわかりにくいと感じます。
そこで、わかりにくいなら自分で運指表を作ってしまおうと何日か前から作り始めました。
作り始めて気がつきましたが、かなり厄介な作業が多くて考えていたよりも時間がかかっています。
1つの音で複数の指使いがあったりして、どうしようかと思いましたが取り合えず一通り作ってからまた考えることにします。
出来上がったら、このサイトにも載せようと思います。

楽器人気ブログランキング

サックスのビブラート練習

投稿日 2010年09月03日
カテゴリー 日記 | サックスのビブラート練習 はコメントを受け付けていません。

昨日はレッスン日でしたが、いつものレッスンとはちょっと違いました。
レッスン前半は、音階。
アルトサックスでの最低音から最高音まで、半音も含めてすべての音を使った音階練習でした。
いつの間にかすべての半音も習っていたことに自分自身でびっくりしました。
そこでちょっと不思議なのが、すべての音を出せるようになったはずなのに、まだ使ったことのないキーがあるという事実・・・
先生によると、「換え指などで使います。」と、いうことで・・・ まだ良くわからないので保留にしておきます。
もう1つは、レッスンに通い始めた頃に先生が、高い音もいくらでも出るようなことをいったいたような気がしますが・・・ これも取り合えず保留事項。

レッスン後半は、ビブラートの練習。
前回のレッスンから、「アメイジング・グレイス」を始めましたが、その時に、曲が単調なのでビブラートの練習をすることになっていました。
まずビブラートのつけ方の説明を受けて、先生のお手本を聞きました。
サックスのビブラートは、あごを少しだけ下に動かしてつけるという説明だったので、先生のあごをよーく見ていましたがほとんど動いているのがわかりません。
その後、自分でやってみましたが、あごを動かしすぎて変な音が出てしまい大失敗。それでも3・4回やっているうちにコツがつかめ、ビブラートをつけられました。
最初は一定したビブラートになっていませんでしたが、速度の違うビブラートを何回か練習しているうちにうまく出来るようになり、自分なりに驚きましたが、先生はもっと驚いているようでした。

今回のレッスンは大満足。

最後に一度、ビブラートをつけて「アメイジング・グレイス」をやりましたが、ビブラートに気をとられてしまいリズムがちょっと崩れてしまいました。
同じ曲をビブラート付きとビブラート無しを交互に練習するといいというアドバイスを受けてこの日のレッスンは終了しました。

にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ今週はベスト10キープ中