ついに「Take Five」練習

投稿日 2016年01月20日
カテゴリー 日記 | コメント(2)

アルトサックスをやるからには、いつかはやってみたいと思っていた「Take Five」を練習するまでになりました。
といっても、まだ練習中・・・

最近は、ビリヤードにも週一回くらいのペースで行っていて、よく行く荻窪のビリヤード場で一人で突いていたら、お店の人らしきかっこいいベストを着た人から声をかけられた。
自分は超初心者なので、何か変なことをしでかして注意されるのかと思ったら、
「私は、プロの高橋と申します。もしよければご指導いたしますので、店にいるときには遠慮なく声をかけてください。」と、ありがたいお言葉。

毎日居るわけではなさそうなので、次に会ったら教えてもらおうと思っていたら、なんと、この人、9ボール世界チャンピオンの高橋邦彦さんという人らしい。
また会えるのを楽しみに、もう他の店に行かずにこの店だけにしようか。

リズム音痴?

投稿日 2014年01月25日
カテゴリー 日記 | リズム音痴? はコメントを受け付けていません。

アルトサックスを始めて4年目。最近はカラオケCDにあわせて録音するのにはまってします。
もう何曲も練習しているのに満足できるものがなかなかできません。
特に、速いテンポの曲では何箇所かリズムがずれてしまいます。運指が難しい箇所や曲の一番盛り上がるところでリズムが崩れると、その後ボロボロになってしまいます。
と、いうわけで、しばらくはリズムの練習のための曲を重点的にやることにしました。

サックス用マイクを買っちゃった

投稿日 2013年01月27日
カテゴリー 日記 | サックス用マイクを買っちゃった はコメントを受け付けていません。

練習の時にカラオケCDにあわせて演奏し、ミックス録音して楽しんでいます。
今までマイクは、ボーカル用の安いダイナミックマイクをマイクスタンドにつけて使っていましたが、以前から欲しかったクリップ式のコンデンサマイクを買ってしまいました。
クリップ式のマイクもいろいろ出ていてどれにしようか迷った末、ちょっと高かったけどSENNHEISER ゼンハイザー e908Bにしました。
SENNHEISER ゼンハイザー e908B
何度も買い換えるものでもないし頑張って買ってしまった。
これで音の悪さをマイクのせいにできなくなった。

リードの先端の形がマウスピースに合わない

投稿日 2013年01月26日
カテゴリー 日記, 素朴な疑問 | リードの先端の形がマウスピースに合わない はコメントを受け付けていません。

マウスピースとリードの先端
マウスピースにリードをつけるときに、髪の毛一本分くらい見えるように取り付けるといわれますが、リードの先端とマウスピースの先端の形が少し違う時はどうすればいいんだろう。
マウスピースは、AIZENのNY(5)、リードはRICO ROYAL(3)。
中央部分で髪の毛1本にあわせると、リードの左右両端がはみ出してしまう。
リードカッターで先端をカットすればいいかと思い、やってみたけどやっぱり合わない。
仕方がないので良く切れそうな爪切りを買ってきて、マウスピースの先端に合うようにカットして無理やり合わせてみた。
でも、吹きやすさや音の質は変わらないみたいなので、多少形が違っても大丈夫なのかも・・・
ちょっと神経質になりすぎていたのかもしれない。

久々の練習だと口が疲れる・・・

投稿日 2013年01月21日
カテゴリー 日記 | 久々の練習だと口が疲れる・・・ はコメントを受け付けていません。

毎日のように練習すればいいのかもしれないけど、たまに練習すると口の筋肉が疲れて長時間練習できない。
無理して吹いていると口の横から息が漏れてきて情けないことになってしまう。

今使っているリード(RICO ROYAL 3番)のせいかと思い、違うリードやもっと薄いリードも試してみたけど、音が気に入らなかったり全音域の音が出せなかったり。(だいたい口の疲れは一緒だったりするし)
いっそ今使っているマウスピース(AIZEN NY 開き5)も替えてみようかな、なんて考えたりして。
同じマウスピースの開き7番も持ってるし、それを使って薄いリードにすればいいかも。

でも、そうするとまたリード選びを1からやり直しになるしなぁ。
(マウスピース・リード・リガチャーに今までいくらお金を使っただろう。)

巨人の星の大リーグボール養成ギブスみたいな口の筋肉鍛錬用の道具があればいいのに。

サックスの練習場所探し

投稿日 2012年12月23日
カテゴリー 日記 | サックスの練習場所探し はコメントを受け付けていません。

サックスの練習はいつも自宅でやっているけど、苦情が来るのが怖くてあまり長時間練習できないので、遠慮なしで練習できる場所を探してみた。
公園は自宅より迷惑がかかりそうだし、広い河川敷や山の中まで行くのはちと遠すぎる。
そこで思い立ち、カラオケボックスにいってみた。
受付で恐る恐る「楽器の練習だけどいいですか?」と聞いてみると、あっさり「大丈夫ですよ。」と店員さん。
早速部屋まで案内してもらったら、なんとその部屋にはカラオケセットが置いてない。(もしかして楽器練習用の部屋があるのか?)
早速練習してみると、貸しスタジオと違い、音が反響してしまう。
貸スタジオより安いし練習だからまあいいか。とにかく安くてびっくり。なんと1時間数百円!!
なんだか常連になりそうだけど、このお店は平日は夕方6時までしかやってない。
ちょっと残念だぁ。

マウスピースとリードの組み合わせで悩み中

投稿日 2012年12月15日
カテゴリー 日記 | マウスピースとリードの組み合わせで悩み中 はコメントを受け付けていません。

もう何年もアルトサックスやっているのに、やっとマウスピースの違いやリードの違いがわかってきました。
今まで何種類ぐらい使っただろう?
最初に使ったマウスピースは、何も知らずに買ったセルマーのS90で1年半くらい。
その後違うマウスピースを試してみたくてメイヤーの5MM、jodyjazz、AIZEN(NY)の5、AIZEN(NY)の7、リードもいろいろ買って硬さの違うのを入れると10種類以上試してみました。
今は、マウスピースはAIZENの5番に落ち着き、リードはバンドレンの青箱2.5か3、またはレジェールシグネチャー3になりました。
今迷っているのはリードの硬さで、バンドレンの青箱2.5だと楽に音が出せて少しベントなどもできるし、サブトーンもできるようになったんですが、高音域で音程が下がってしまいます。特にタンギング直後に低くなるのであわてて上げる感じです。
硬さを3にすると音程は大丈夫ですが、逆にコントロールしにくく、小さい音が出にくく抵抗も大きいし、サブトーンもうまくできません。

普段使うのを2.5にして音程が狂わないように練習するのがいいのか、それとも3にして苦手なところを練習すればいいのかとっても迷っています。

アルトサックスリード吹き比べ備忘録

投稿日 2012年07月19日
カテゴリー 日記 | アルトサックスリード吹き比べ備忘録 はコメントを受け付けていません。

レジェールシグネチャーを使うようになって2ヶ月くらいたちますが、どうしても最低音のB♭が出にくい。
どうもリードによって高音が出しにくかったり、低音が全く出せなかったりして、リード選びに悩んでしまいます。
今までいろいろなリードを買って使わないままとっておいた物もたまってきたので、持っているリードをすべて吹き比べて感想を残しておこうと思います。
今回は、音色の好き嫌いは別にして主に吹きやすさ・音の出しやすさを中心に記録します。
本人のための備忘録なので、あまり参考にしないでください。

本体:ヤナギサワ A-901Ⅱ
マウスピース:アイゼンNY(7)
リガチャー:リコ Hリガチャー

リード吹き比べ
Rico Lavoz (M):中~高音は良好だが、LowC以下の低音が出しにくい。機会があればもっと薄い(MS)や(S)も試してみたい。

Vandoren ZZ (2.5):高音域が出しにくい。中・低音はおおむね良好。2番を試してみたい。

Vandoren Traditional (2):低音~高音までおおむね良好。

Vandoren Traditional (2.5):全体に抵抗感が大きい。最低音・最高音に近いところが出にくい。

Vandoren JAVA(2.5):高音はおおむね良好。lowC以下の低音が出にくい。

MARCA JAZZ(2.5):高音が出にくく、highF♯は出ない。低音は良好。

Rico Hemke(2.5):高音が出ない。低音も出にくい。

Wood Stone(2.5):高音部はまったく出ない。最低音に近いところが若干出にくい。

Legere Signature(2):最高音に近いところと最低音に近いところが出にくい。

ほとんどのリードで高音部・低音部ともに出にくいのは未熟によるところが大きいようですが、Vandoren Traditional(青箱)(2)だけは、低音から高音まで満遍なく吹きやすかったような気がします。
試したリードは、以前使っていたマウスピース(アイゼンNY5番)用に買ったもので、厚み2.5が多かったので、今使っている開きの大きいマウスピース(アイゼンNY7番)のためにもっと薄いリードも試してみたくなりました。

「枯葉」練習中

投稿日 2012年05月05日
カテゴリー 日記 | 「枯葉」練習中 はコメントを受け付けていません。

最近何回かのレッスンで、「枯葉(Autumn Leaves)」を練習中です。
「ジャズ・スタンダード・バイブル in E♭」という楽譜集に載っている曲で、この曲については付属のCDにも音源が収録されています。
このCDにはカラオケも収録されていますが、とにかくテンポが速い!!!
はじめはとてもテンポについて行けず、ゆっくりしたテンポで練習して少しずつ早くしていき、やっとCDと同じテンポでできるようになりました。
もうちょっとで次の曲かな・・・ と思っていたら、この曲で少しアドリブの練習をしましょうということになってしまいました。(譜面どおりに吹くのがやっとなのに)

いきなりアドリブといってもどうしていいかわからず、取り合えず何人かのサックス奏者の演奏を聞きまくっています。(YouTubeに感謝)
その模倣からやってみようと思っていますが、それじゃアドリブとはいえないのかな。

レジェールシグネチャー使用感

投稿日 2012年04月29日
カテゴリー 日記 | レジェールシグネチャー使用感 はコメントを受け付けていません。

アルト用リードのレジェールシグネチャーとAIZENマウスピースNY(7)の組み合わせで何度か練習してみました。
樹脂製リードは初めてでしたが、何の違和感もなく今まで使っていたお気に入りのマーカジャズよりもいい感じです。
レッスンに持っていって先生に吹いてもらったところ、リードとマウスピースの相性が比較的いいということでした。ただ、先生の指摘で気がついたんですが、2.5を注文したはずなのに届いたのは2でした。
良く確認もしないで2.5だと信じて使っていました。
ま、気に入ったから2番でもいいか・・・

硬さ比較表を見ると、マーカジャズとレジェールシグネチャーはほぼ同じ番手が同じ硬さで出ていました。
今までのマーカジャズは、硬さ2.5をAIZENマウスピースNY(5)で使っていたので、硬さの番手を落とすと同時にマウスピースの開きの大きいのにしたことでちょうどいいのかもしれません。

他のキーワードで探す »